2021年度 IT導入支援事業者に認定されました!

今なら補助金利用で1/2の費用で導入可能です!

グラフの比較

最低30万円~最大150万円※の補助金が交付されます

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするために交付される補助金です。
IT導入補助金について詳しくはこちら

SUZAKU導入のご相談はこちら

SUZAKU導入のご相談はこちら

組織心理学×AI

SUZAKUとは

組織心理学×AIに基づく、高精度な人材管理システム

1人1人の特性や組織の特性を可視化し、採用から配置、育成まで「人と組織」の成長を科学的にサポートする人材管理システム、それがSUZAKUです。
AIだからできる複雑な解析を、シンプルなUIで分かりやすくご提案します。

組織心理学×AI

ガイドムービーを見る

SUZAKUが解決する
8つのポイント

人事・経営・マネジメントの
悩みを解決します

人事担当や経営者はもちろん、マネジメント層や現場が持つ課題にまで幅広く解決策を提案。
プロジェクト単位での人材配置、役員候補の抽出、社員一人一人のエンゲージメント向上など、
組織が継続・成長するために必要な判断のサポートを柔軟かつスピーディに行います。

利用実績3000社以上のアセスメントサーベイ
社員個人の潜在レベルの特性から組織のモチベーション状態までを測定
根拠ある解析データにより個人・組織両面からの戦略的マネジメントが可能に

個人・組織両面から着目した
360度漏れ・ダブりのない人材管理

個人基本情報管理

+ヒューマンスキルアセスメント(HQ Profile)

履歴・部署や移動歴といった基本情報の管理はもちろん、組織で求められる思考プロセス・行動特性を360度漏れ・ダブりなく測定し、採用から育成、研修の効果測定までをワンストップで実現します。

組織サーベイ(MSI+)

社員1人1人が、普段仕事をしている職場環境や周囲からのサポートの有無、会社の制度・風土などをどのようにとらえているのかを社内アンケートを元に分析し、組織の状態を可視化します。

組織心理学×AIによる根拠ある解析
データを活用し日々のマネジメントを
より戦略的なものに

蓄積データをSUZAKUの組織心理学×AIが解析、個人・組織の状態・課題が抽出されます。「適材配置」・「育成」・「リテンションマネジメント」・「採用」といった日々のマネジメント業務の各場面に、根拠ある解析データが手厚くバックアップ、より戦略的なマネジメントを可能とします。

組織心理学に基づき開発された、組織で求められるビジネスヒューマンスキルを360度漏れなく網羅したアセスメントツール

ビジネスヒューマンスキルを
9つの力と36の詳細項目で可視化

HQの結果は社会人10万人をベースとした偏差値で表示。市場における志向や行動の特長・強みを定量的に視覚化することができます。
有望人材の発掘・採用だけでなく、採用ミスマッチの防止、また市場における競争力を強化するための管理職育成の場面や、スキル管理にも広く活用されています。

HQ Profileは組織心理学の専門家である慶應義塾大学経営管理研究科渡辺直登名誉教授、中部大学経営情報学部経営総合学科西田豊昭准教授と開発しています。

渡辺直登名誉教授

HQ Profileは産業・組織心理学における傾性的アプローチ(dispositional approach)とコンピテンシー・モデリング(competencymodeling)の考え方に基づき、10年余の基礎研究と応用研究を経て開発されました。
その信頼性、妥当性の高さには学術的に十分確認されています。

西田豊昭准教授

人材の多様化が求められる現在、「仕事によって活躍する人材は異なる」とする多因子説が主流となりつつあります。この多因子説へ対応した人材力強化の支援ツールとして開発されたのがHQ Profileです。
様々な企業・職種等で活躍する人材の傾向と、自組織または個々人とを比較・分析し、採用・育成にご活用いただけます。

エンゲージメント低下、ワークストレス発生の原因・改善ポイントを可視化!組織心理学の研究と理論に基づき心理測定研究所が開発した組織サーベイ

「個人」×「組織」の状態を可視化し
最適配置や離職防止を実現

社員1人1人が、普段仕事をしている職場環境や周囲からのサポートの有無、会社の制度・風土などをどのようにとらえているのかを社内アンケートを元に分析し、組織の状態を可視化します。従業員のモチベーションを可視化することで、精度の高い最適配置や、離職予兆の早期発見を実現します。
設問は「144問」、約「20分」です。会社には個人結果は非公開ですので、安心して答えることができます。

組織のモチベーションやチームパフォーマンスは、「個人の状態」×「組織の状態」で決まります。組織心理学に基づく、精度の高い組織サーベイ「MSI+」は「人間関係」「職務要因」「組織活性度」「ストレス要因」を測定し可視化、改善すべきポイントを見つけることができます。

HQ Profileではカッツの提唱する3つのスキルのうち、ヒューマンスキルとコンセプチュアルスキルの領域を測定・可視化します。ロバートカッツモデルを採用した分析方法や更に詳しい情報についてはこちら。

アセスメント・サーベイについて

組織心理学×AI

可視化した人材データをAIが分析
適材配置、育成・定着を実現

人事領域におけるAIの活用が浸透しない1つの要因にAIが何を根拠に判断したのかという不安感があります。SUZAKUのAIはスパースモデリングを搭載した「見えるAI」です。どのようなデータを根拠にAIが候補者を抽出したのかまでを確認することができます。AIを活用することで、可能性のある人材を見逃すことなく抽出し選抜することが可能になります。

SUZAKUの特徴を見る

NEWS

ニュース